敏感肌に良いのか?炭酸パック

敏感肌に良いのか?炭酸パック

敏感肌の方はその肌質による悩みも容易でないことがたくさんあると思います。化粧水やクリームといった基礎化粧品で肌が荒れてしまうことが多いので、効果があっても自分の肌には刺激が強すぎたり肌トラブルが起きたりする可能性があれば使用できないので化粧品選びにも非常に骨が折れます。

 

敏感肌は非常に刺激に弱い不安定な肌質です。それは、角質のバリア機能がうまく働いていないからです。肌を保護する役割のバリア機能がうまく働かないことで外部からの刺激が直に肌に加わってしまい、それによって痒みや痛みが起こります。

 

生活習慣が影響を与えている場合も考えられます。睡眠時間が足りていなかったり栄養バランスが乱れていたり、といったことです。さらに、ストレスはお肌の大敵とよく言われるように、ストレスを溜めることによって肌が荒れることもあります。科学的にも医学的にも根拠があり、具体的に言えばストレスによって肌の表皮にあるランゲルハンス細胞が減ってしまうことが発端になります。

 

炭酸ガスには肌細胞を活性化させる働きがあります。この働きによって肌が自然にもっている力を引き出します。ただ、どうしても肌が敏感なので合わないこともあると思います。

 

炭酸パックの主成分である炭酸ガスは、刺激が強い成分ではありません。顔に塗った時に炭酸の発泡の音が出るので肌に負担がかかりそうに思いますが、強力な発泡ではありません。

 

例えていうと、炭酸飲料の発泡よりもずっと弱いもので、蓋を開けて放置した後の炭酸飲料と同じくらいです。それでも敏感肌の方は不安に感じると思うので、そんな方はいきなり顔に塗らずにまずは腕や首あたりに塗ってみてから様子を見て使用してみましょう。