中年太りだと思っていたら実はむくみだという場合もあります

中年太りだと思っていたら実はむくみだという場合もあります

中年になって急に太ったと思われている方の中には、むくみが原因の方もいます。むくみは、見た目だけの問題だと思われがちですが、実は腎臓などの病気が原因ということも多くみられますので、急にむくみが気になるようになったという方は、一度、病院で検査を受けてみることをおすすめいたします。

 

特に体調に問題がなく、太ったのかむくんでいるだけかよくわからないという方もいらっしゃると思いますが、夜になって服を脱いでみたら、靴下の跡がなかなか消えなかったりする方は、むくんでいる可能性が高いです。

 

そういう方は、足の血流が悪くなっているのが原因であることが多いので、足を動かしてたまった血をもとに戻してあげると良いでしょう。特に、一日中立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事をしているという方は、仕事の合間に爪先立ちなどの運動をしてふくらはぎの筋肉をこまめに動かすことを心がけていくとむくみの予防になります。

 

そして、一日の終わりにはゆっくりと湯船につかり、お風呂上がりに足のつま先から付け根にむけてマッサージをしていくことをおすすめします。就寝時にはクッションなどを使い、足の方を高くして眠るのもむくみの解消に役立ちます。

 

また、食生活もむくみの原因となっている場合があります。冷たいものの摂りすぎに気を付け、身体を温める食べ物を多く摂って血行を良くすることを心掛けたり、利尿効果のあるキュウリやトマト、納豆などの大豆食品を積極的に摂るようにすると改善効果があります。また、ハーブティーなどを日常に取り入れてみるのも効果的ですね。